×
HOME>トピックス>建売住宅との違いを知っておく必要があります

田舎に移住する時代

家と設計図

マイホーム購入費用が高くなったことから、一生に一度だけと考えて購入する人が一般的です。ですが最近では東京のような都会から定年後には、ちょっとした田舎が良いと言う考えから栃木県内に住まいを求める人も多くなっています。また東京都内では金額的に無理と考え、当初から栃木県内に注文住宅を求める人が増えています。

理想の住まいが欲しい

家

二度目の住宅を栃木県内に求める人は、注文住宅が多くなります。建売住宅に入り、不満な点が多くあったことを我慢して来た結果、二度目の住宅には理想の住まいにしたいと考えるのでしょう。そこには出来るだけ妥協はしたくないと言う気持ちがあると思われます。

住宅への知識が必要になることも

栃木県内で求める注文住宅では、建て主と建築会社の間で相当な打ち合わせが必要になります。内装だけでなく基礎外装も決める必要が出て来ることになり、建て主にも住宅の基礎を知ることが良い住宅作りとなって来ます。まったくの素人の場合、最終的には建築会社の意向に沿った住宅になりがちと知っておきましょう。

フルオーダーとセミオーダーの違い

栃木県内で建てる注文住宅には、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅の二種類があります。フルオーダー住宅は、材質から窓や断熱材までと言った細かな所まで、建て主が建築会社に指定をすることになります。その分手配などに時間もかかることから、計画から出来上がりまでには相当な時間を要することになります。望むだけの高品質の住宅に仕上がりますが、建築費用も高くなってしまうことが一般的です。これに対しセミオーダー住宅と言われるものがあり、基本的な仕様は決められていますが、住宅に関する設備や壁などに対し、色などの指定が出来る方法です。